2014年08月01日

アンテナタワー

小生が一番長く続いている趣味がある。
小学校高学年から中学生のころ「模型とラジオ」と「初歩のラジオ」月間雑誌があった。
この本の記事を読みふけって感化されよく部品を買いに駅前ラジオや日本橋に通った。
ある日どうしても欲しい部品があり、帰りのバス賃を使ってしまい梅田から自宅の佃(大阪市西淀川)まで歩いて90分かかって帰った若き日の思い出もある。
その頃、NHKにおられた、故杉本 哲氏の製作記事が良く理解でき読みあっさた。
その後JA1CNEのコールサインで開局された辺から小生もアマチュア無線(ハム)に非常に興味を持ち単行本も買い、不明点は手紙を出したりしていたので高校受験どころではない。
成績は楽々公立コースから序々に落ちてゆき気がついたら私立専願のみに。父の勧めで「そんなに好きなら電気に進め」と私立高校電気科に入学した。そこで昭和35年念願の電話級アマチュア無線技士(現在4アマ)を収得して以来半世紀の趣味である。
時が経ち、社会に出て結婚し家庭を持ちそして舎羅林山麓に転居したころに「電波を遠くに飛ばしたい」との欲求が募るばかり。平成元年念願のハムのステータスであるアンテナタワーがハム仲間の手助を得て完成した。
爾来26年の歳月は地域のハム仲間、バンドの仲間と交友も増えていったが、アマチュア無線も携帯に押され陳腐化し、タワーも耐用年数を超えたので今月11日に解体撤去することになった。
家族からの断捨離に押されて、
DCIM0371.JPG



posted by 舎羅林山麓の仙人 at 15:26| 兵庫 ☁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよですね
私も家族から言われてますが、決心がつきませんhi
そういえば、もう何十年も貴局とQSOしてないですね〜〜〜
Posted by ja3cmf at 2014年08月01日 21:25
使わない物は、処分する年頃にお互いになりました
我が家でも家内に進言したらぶつぶつといいながら少し
整理してました、数年前からエンディングノートに記入してます。スイカの収穫が少ないとのことですが、中味の濃いのができたのでは。
Posted by 三羽 at 2014年08月05日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。